【WEBハック】記事代行で戦略的コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング副業

読者にとって価値のあるコンテンツを発信し、見込み顧客を育成・獲得する手法である『コンテンツマーケティング』に注目が集まっています。

そんな『コンテンツマーケティング』を行うために必要な記事(コンテンツ)を作成するためには、時間や労力だけでなく仕組み化が必須です。

自社に生産体制が整っているのであれば問題はないですが、生産体制が整っていない企業は記事代行サービスを利用して効率化をはかりましょう!

この記事では、企業のWEB担当者やアフィリエイター向けにコンテンツマーケティングと記事代行について解説しています。

web担当者が抱える悩みと課題

コンテンツマーケティング

すでにコンテンツマーケティングを実践しているweb担当者の方は、以下のような悩みを抱えていませんか?

  • 良いライターを集めるのが難しく、品質もバラバラ
  • 複数いるライターへの発注業務や納期管理に相当な工数がかかる
  • ライターに企画の意図が伝わらず、修正依頼の対応に追われ続ける
  • 記事のチェックやアップという単純作業が多すぎる
  • SEOを意識した記事企画が難しく、ネタも尽きる

『コンテンツマーケティングにおいて重要なことは、安定して記事を作成し続けることです。』

記事作成代行といえば、ライターと直接やり取りするプラットフォーム型のクラウドソーシングを想像する人が多いと思います。

しかしプラットフォーム型では、ライター選定から記事チェック、納品管理、報酬支払などを自分で行わなければいけません。

依頼していたライターが仕事を放棄して音信不通になった場合、別のライターを探す手間がかかります。また集客を目的としたキーワード選定や記事企画なども自分でしなければいけません。

web担当者が1人または少人数だと、他の業務もあるはずなので記事作成の為だけに時間を割くことは難しくなります。

そこで発注企業とライターの間にディレクターが立ち、めんどうな記事発注における業務をすべて請け負う受託型のサグーワークスをおすすめします。

記事作成サービスのサグーワークスとは

サグーワークスは、SEOコンサルティングを提供しているウィルゲートが運営している『日本最大級の記事作成サービス』です。

24万人以上のライターが在籍しており、3,000社以上から利用されています。

公式サイトはこちらから↓

サグーワークスの強み

サグーワークス

SEOコンサル×コンテンツディレクターによる受託型

プラットフォーム型だと発注業務に多くの時間がかかりますが、サグーワークスは受託型の体制をとっており、ライター選定・記事チェック・納品管理・報酬支払をすべて請け負っています。

企業の要望をサグーワークスの熟練コンテンツディレクターがヒアリングし、適切にライターへ伝えることで高品質の記事が作成可能に。

記事の方向性をしっかりとライターへ伝えたはずなのに、思い通りの記事が上がってこないという事態はもう起きません。

SEO実績のあるウィルゲートだからこそ、記事を作成するだけでなく検索エンジンで上位表示されるような記事企画をサポートします。

『SEO×コンテンツ』を提供できるのはサグーワークスの強みです。

記事特化型ならではの豊富なライターを用意

記事作成に特化しているからこそ豊富なライターが所属しており、企業のニーズや記事の難易度に応じたライターが記事を作成します。

サグーワークスに所属しているライターは文章能力に応じて3段階のグレード制に分かれていて、会員登録後は「レギュラー」、一定の承認率を超えていれば「ゴールド」、独自の文章テストに合格すれば「プラチナ」になれます。

また130職種・20万人以上の専門家ネットワーク「専門家プロファイル」と提携しており、医師や弁護士、ファイナンシャルプランナー、建築家、経営コンサルタントなどの専門家による、記事の監修や執筆も可能です。

すべての記事を目視&システムチェック

サグーワークスでは独自に開発した「web重複チェックシステム」によりコピーコンテンツをチェックしています。

さらに目視で、レギュレーションとの照合・誤字脱字・同一ライターによる類似投稿のチェックを行っているので、安心して記事をアップできます。

当記事のまとめ

コンテンツマーケティングにおいて、安定して記事を作成し続けることはとても重要です。

効果が出るコンテンツの企画から支援し、記事の作成業務も巻き取ってくれるサグーワークスに記事作成を任せて、webマーケティング担当者はマーケティング業務だけに集中できる環境を作りましょう!

コメント