犬の遺伝子検査まだやってないの?費用やメリットを解説します

犬 遺伝子検査
らいふ
らいふ

「犬の遺伝子検査にかかる費用はどれくらい?」「犬の遺伝子検査で何がわかるの?」「犬の遺伝子検査をするメリットは?」

はっく
はっく

「犬の遺伝子検査」についての疑問を、猫のワシが1つ1つ丁寧に解説していくで

犬の遺伝子検査に興味があるけど、費用やどんな内容なのかがよく分からないという方向けの記事です。

犬の遺伝子検査をする目的や費用について

費用は10,000円から20,000円が相場です。

犬の遺伝子検査の目的としては寿命の予測や、遺伝的に発症しやすい病気について分かります。

遺伝子検査の結果をもとに、けんこう寿命を延ばすための食事メニューや、定期検診の受診項目を検討することができます。

犬の遺伝子検査【Pontely】

遺伝子検査の費用について

検査費用の相場は10,000円~20,000円ですが、高額なところだと50,000円以上する場合もあります。

検査項目や検査の内容はほとんど変わらないので、相場の10,000円から20,000円で検査できるキットをオススメします。

安い遺伝子検査を頼むと、海外で検査して、結果が届くまで時間がかかると思っている方も多いようです。

最近では10,000円の検査でも、国内で検査して、直ぐに結果を知らせてくれます。

らいふ
らいふ

海外の検査機関が信用できないわけではないですが、国内の検査機関の方が安心感がありますね

遺伝子検査の目的やメリットについて

遺伝による病気は親から子供へと受け継がれていくため、予防ができません。

遺伝子検査をすることにより、発症しやすい病気を把握することができ、病気の早期発見や素早い治療ができるようになります。

早期発見や早期の治療ができると、病気の進行スピードを緩やかにできる可能性も増えるので、愛犬や飼い主にとって大きなメリットがあります。

愛犬の食事メニューを見直したり、定期検診で気になる項目を追加する際に遺伝子検査の結果が参考になります。

はっく
はっく

事前に対策することで病気の症状を抑えたり、発症を遅らせるたりすることが可能になるんやで

遺伝子検査はどんな人が利用しているのか

犬の遺伝子検査

犬の遺伝子検査は、まだまだ知らない人も多く、愛犬家や健康意識の高い一部の飼い主にのみ利用されています。

アメリカでは、飼い主として検査するのが当たり前といわれるくらい認知度も高く、一般的になっています。

血統書のある犬も検査した方がいいの?

犬種によって発症しやすい病気というのは、インターネットなどで調べれば簡単に出てきますよね。

例えば「ダックスフンドは椎間板ヘルニアになりやすい」などです。

遺伝子検査で分かるのは犬種による一般的なものではなく、遺伝的に発症する可能性のある病気です。

血統書の情報も完璧ではないため、遺伝的な病気に関しては血統書では分かりません。

また、血統書があっても遺伝的に発症する病気を知るために遺伝子検査は利用されています。

遺伝子検査はアメリカでは一般的?

アメリカでは犬だけでなく、人の遺伝子検査も一般的になっており、25人に1人が検査をしています。

遺伝子検査が一般的な環境で、飼い主として愛犬の遺伝子検査をするのは当たり前と考えられています。

アメリカの高級マンションでは、ペットを飼うときに遺伝子検査の結果を提出するように義務付けているところもあります。

性格や今後どのくらいの大きさまで成長するのかを遺伝子検査で調べます。

凶暴な性格の犬と判断されると、マンションで飼うことができなくなります。

犬の遺伝子検査の流れについて

遺伝子検査の申し込みから、検査の結果を受取るまでの流れを解説します。

犬の遺伝子検査の流れ
  • STEP1
    ネットで申し込み
    スマホ/パソコンで必要事項を記入して申し込みをします。
  • STEP2
    検査キットを受け取る
    早いところでは申込の次の日には検査キットが届きます。検査キットの中身は検査に使う道具と、返信用の封筒が入っています。
  • STEP3
    ペットの粘膜を採集する
    検査キットの中には綿棒のような棒が入っています。その棒を愛犬の口の中に入れ、頬の内側をこするだけで完了です。粘膜のついた棒を返信用封筒に入れて返送すれば、あとは結果を待つだけです。
  • STEP4
    検査機関で検査
    検査機関に愛犬の粘膜が届いてから、約2週間~1ヶ月以内に、国内もしくは海外の専門機関で検査します。検査機関は会社によって変わりますので、気になる場合は検査前に問い合わせてみてください。
  • STEP5
    検査結果の通知
    オンラインですぐ確認できる会社もありますが、基本的には紙で送付されます。海外で検査の場合、1ヶ月以上かかることもあるので、結果を早く知りたい方は、国内の検査機関を利用してください。

以上が検査の流れとなります。

犬の遺伝子検査についてのまとめ

遺伝子検査と聞いてめんどくさい作業が多いと想像してしまいますが、口の中に綿棒のような棒を入れて頬をこするだけで完了です。

価格も10,000円から20,000円なので、興味がある方は検査してみてはいかがでしょうか?

犬の遺伝子検査大手のPontelyでは、国内の先進医療研究所で遺伝子解析をしていて、業界最短水準・業界最安値水準です。

国内の主要事業者の中では唯一、WEBで検査結果を確認することができるのも特徴ですね。

✔️ 当記事のまとめ

  • 遺伝的に発症する病気を知ることができる
  • 病気の早期発見や対策ができる
  • アメリカでは一般的に利用されている
  • 検査の相場は10,000円~20,000円

犬の遺伝子検査【Pontely】

コメント