【AI到来!】20代転職の参考に『将来性のある業種トップ8』

将来を考えたら今の仕事をしてていいのかなぁ?今後も成長していくような業種に転職して安心して過ごしたい!

この記事では転職を考えている人に向けて、これからも安心して働いていける業種をランキングで紹介します。

市場規模が拡大していて、AIが発達した後も残っている業種に絞って紹介しているので転職の際に参考にしていただけると幸いです。

将来性のある業種トップ8

トップ8はホテル業界です。

訪日外国人向けのホテルがとくに将来性があると言えるでしょう。

最近では外資系のホテル関係会社が日本に進出してきており、話題になっています。

これからも世界中から人が訪れるホテル業界は今後も成長が見込まれます。

将来性のある業種トップ7

ホテル業界に次いで将来性があるのが農業です。

昔からある産業ですが、食に関わる産業の需要がなくなることはありません。

最近では若い人が参入して、IT化を推進することが多くなり再注目されている業界です。

農業はまだまだ伸びている業界で、まったく違う業界から参入する企業も多くなっています。

将来性のある業種トップ6

人材派遣や転職エージェントは将来性のある業種トップ6です。

日本独特の制度であった終身雇用の崩壊によって、副業の解禁やフリーランスなど新しい働き方が増えてきました。

ひとつの企業に居続けることはもう古い考えかもしれません。また、AIの発達によって無くなる職種も出てくるという心配もあり、仕事を変える人が増えています。

将来性のある業種トップ5

介護業界も成長産業のひとつです。

高齢者数は確実に増え続けており、AIではできないことが多い介護業界が注目されています。

まだまだ給料が低い業界ではありますが、政府も介護士の給料を上げるように助成金を組んだり努力をしています。

これからも成長が見込まれ、福祉に貢献できる介護業界に転職する人が増えているようです。

将来性のある業種トップ4

トップ4は広告業界です。

インターネットの発達によりオンラインで商品やサービスを販売・提供する企業が増えています。

そんな企業へ向けてできるだけ多くの人に商品やサービスを認知してもらうために創意工夫をするのが広告業界です。

AIを取り込みながら成長している産業で、AIを使う側になれるので将来的に仕事が無くなるという心配は不要です。

将来性のある業種トップ3

シェアリングサービスが将来性のある業種トップ3です。

こちらも広告業界と同様でAIを取り入れながら成長している業界になります。

最近では物を所有する時代から共有する時代へシフトチェンジしています。

今後の大きな成長が見込まれるまさに時代の真ん中を突っ走っている業界です。

将来性のある業種トップ2

トップ2はEC(イーコマース)と呼ばれる業界です。

ECとは通販サイトのことを指し、アマゾンや楽天市場などが有名です。

オンラインで購入する人が昔に比べ爆発的に増えているので、需要も急拡大中。

商品を通信販売しているだけでなく、映画配信などいろいろなサービスを展開しているところもあり時代のニーズに合ったサービスを柔軟に取り入れている業界です。

将来性のある業種トップ1

予想している人も多いかもしれませんが、ITやWEB系がやはりTOP1です。

今後、人々の仕事を奪うことになると言われているAIを設計する側にいるので将来性があると言えます。

AIに関係がないIT関連の企業もありますが、最近ではほとんどのサービスがオンラインで提供されると考えるとこの業界の需要は一番です。

コメント