FXの取引時間はいつ?『季節によって変わります』

LIFEHACK

FXは平日24時間いつでも取引が出来ます。

(FXの口座をまだ持っていない人は、こちらをどうぞ。)

土日は大きな市場が閉まっているので、取引することができません。なので取引できる時間は、月曜日の午前7時~土曜日の午前7時(サマータイムが導入中は6時前後)です。

※各FX会社によって数分の違いがあるので、正確な時間は各FX会社に確認してください。

 

なぜ24時間取引できるのか

日本株は日本の市場に合わせて取引できる時間が決まっていますが、FXの場合は世界中に取引所があるので24時間取引できるようになっています。

日本市場が夜になって閉まる時間になったら、ロンドン市場がオープンするといった感じで、次から次へと取引所を変えて24時間取引が可能になっています。

どこの市場で取引するかを選ぶ必要はなく、自動的に開いている銀行や金融機関のネットワークを利用することになります。なので世界中の銀行や金融機関が休みの土日には取引することができません。

 

土日でも為替は動きます

土日に取引はできませんが、為替は常に動いています。それは、中東の国では金曜日が休みという国があるためです。なので日本が休みの時でも中東で市場が開いており為替が動くことになります。

しかし、中東の人は為替価格に大きな影響を与えるような大きな取引を行わないので、この時間にはあまり値動きはありません。週末にテロや金融問題などが発生して大きな取引が行われると、為替が大きく動くことがあるので注意が必要です。

 

残念ながら土日は価格を確認できません。

金融機関などのトレーダーは確認できるかもしれませんが、一般の個人が土日の中東でのレートを確認する方法は今のところありません。

 

平日でも取引できない時間

年末のイベントがある日は平日でも取引できない時間があります。

 

●クリスマス(12月25日)

クリスマス当日は海外の金融機関が閉まっているので、日本市場が開いている7時から15時までしか取引できません。もちろんクリスマスが土日の場合は、取引することができません。

 

大晦日・正月(12月30日、1月1日)

大晦日は普段通り平日なら取引できて、土日だと取引できません。しかし、元旦は世界中の市場が閉まっているため、土日や平日に関係なく取引できません。元旦の翌日は午前7時から取引再開となります。

 

関連記事:fxを始める前に必要な知識7つ【初心者向け】

 

↓まだ口座を持っていない人は↓

コメント