1年間のアメリカ留学にかかる費用は230万円〜節約方法あり!

留学・ワーホリ

「1年間のアメリカ留学に、どのくらい費用がかかるのか気になる。」

「留学費用を簡単に節約する方法があれば知りたい。」

そのように感じている方向けに、1年間のアメリカ留学にかかる費用と、他の人よりも安くお得に留学するための節約術を紹介していきます。

この記事を読むだけで数万円はお得に留学できるので、浮いたお金を現地での生活費に当てたり、貯金することもできます。

1年間のアメリカ留学にかかる費用はいくら?

早速ですが一年間のアメリカ留学にかかる費用は、230万円~400万円です。

230万円〜400万円には航空券代や生活費、授業料、家賃などを全て入れた1年間の留学でかかる費用が全て含まれています。費用の詳しい内訳はあとで紹介していきます。

アメリカの1年間にかかる留学費用を他の国と比べると、ヨーロッパ留学より安く、フィリピン留学より高い費用だと言えます。カナダ留学とアメリカ留学は同じ価格帯です。

留学費用のほとんどをは語学学校の授業料になっており、ここを節約できると大幅に安く留学に行けることになります。

株式会社リアブロードの『スマ留』という新しいサービスでは、語学学校の空き時間を利用して一般的な留学費用の半額で留学できます。

留学費用の内訳

留学費用が分かったところで、留学費用の内訳を見ていきます。

実際に私がアメリカに留学した際にかかった料金や、周りの留学している人たちのに取材してまとめたものなので、十分に参考になると思います。

とはいえ、パスポートの申請料など人によっては不要な費用もあるので、あくまで参考例として活用してください。

航空券代(往復)10万円〜20万円
海外留学保険料20万円〜35万円
ビザ申請料3万円~
パスポート申請料1万7千円
学費(入学金含む)150万円~200万円
空港送迎1万円〜1万5千円
家賃5万円~20万円/月
生活費3万円~10万円/月
携帯代5千円/月
留学エージェントへの仲介手数料0円~20万円

留学費用を節約する方法

同じ留学でも人によって費用が大きく異なることがあります。同じ条件の留学なら、できるだけ安く留学に行ける方がいいですよね。

必要以上に費用を削りすぎて、不便になると本末転倒なので、自分の予算と相談しながら、ちょうどいいいい程度に無駄な費用を節約していきましょう。

それでは、ひとつずつ節約する方法を見ていきます。

空港送迎

空港送迎は留学エージェントを通して申し込むと、1万円以上するのが一般的です。

タクシーだと2,000円前後で行ける場所に、1万円以上を支払って行くのはもったいなですよね。

海外でタクシーを利用したことがあり、タクシーに問題なく乗れる方は空港送迎は不要です。

海外でタクシーに乗ったことがない方は、空港まで迎えにきてくれて直接ホームステイ先まで送ってもらえる空港送迎をしてもらう方が安心かもしれません。

一人でタクシーに乗るのは不安だけど、空港送迎は高すぎると感じる場合には、個人で送迎業者を手配するのもありです。

留学エージェントを通して申し込むより半額くらいの費用です。タクシーよりは高くなるかもしれませんが、安心感があります。

外貨両替

アメリカドルは現金を両替して持っていく方法以外にも、クレジットカードのキャッシングを使う方法、プリペイドのクレジットカードを使って現地のATMでアメリカドルを下ろす方法があります。

クレジットカードやプリペイドカードはキャッシングのたびに手数料がかかるので、あまりオススメはできません。

日本を出国する前に両替して、ある程度の現金を持っていきましょう。お得な両替方法は下の関連記事で詳しく解説しているので読んでみてください。

航空券 LCC

最近ではJALやANAなどの大手航空会社以外にも、格安航空(LCC)がアメリカ全土に就航しており、今までの半額で行けることもよくあります。

格安航空だとスーツケースを2つ預けるに追加料金がかかることがありますが、航空券が安いので、追加料金を支払っても大手航空会社を利用するよりも安く購入できます。

留学エージェントを通して航空券をすると手配料を取られることもあるので、格安航空券は『エアトリや『スカイチケット』などの航空券比較サイトを使って自分でチケットを取ればお得です。

初めての方だと自分で航空券を手配するのは難しいと思っているかもしれませんが、やってみると意外と簡単なので、自分でやってみることをオススメします。

海外留学保険

語学学校へ入学する際に、海外留学保険に加入することが条件となっていることもあります。

その際には強制的に加入しなければいけませんが、保険に入る必要がなくても、アメリカの治療費は高額になることが多いので、保険には必ず入るようにしておきましょう。

保険期間は1日の短期から1年以上の長期まで、自分の希望にあった期間の保険を選べるので、自分の留学期間に合わせた保険に入れます。

保険料を節約する方法としては、クレジットカードに付帯の保険が充実してる場合に、海外留学保険の保障内容を減らし保険料を安くできます。

海外留学保険に初めて入る方は、保険会社大手AIG損保の『AIG損保の留学生用プラン 』がお得でプラン内容が分かりやすいのでオススメです。

ビザ申請

ビザ申請時にアメリカ政府に支払う手数料は、残念ながら減らすことはできません。

節約できるのは、留学エージェントに支払う代行手数料だけです。

しかし、ビザ申請の手続きは留学において、重要な部分であり手続きも少し複雑です。

お金に余裕があれば、ビザ申請手続きは留学エージェントに任せて、他に節約できるところを徹底したほうが効率がいいと思います。

ネットで検索すれば個人でビザ申請する方法を紹介しているサイトもあるので、時間に余裕があるという人はチャレンジしてみてください。

家賃

滞在する方法は、語学学校の寮、ホームステイ、シェアハウス、賃貸があります。

寮やホームステイは、シェアハウスに比べると少し高くなりますが、食事付きの場合には食費込みの値段として考える必要があります。

語学学校に斡旋してもらうホームステイや寮は手続きも簡単で、何か問題があればホームステイを変えたり、寮の部屋を変えてもらうことも可能です。

住みながら英語の勉強や異文化に触れ合う機会にもなるので、オススメです。

シェアハウスは一番コスパの良い滞在方法です。

値段も安く、良い立地に住めたり、家具家電が最初から付いていることがほとんどです。

最初の1ヶ月だけホームステイにしてその間にシェアハウスを探すのもオススメです。

ホストファミリーやクラスメイトに聞けば、良いシェアハウス情報を教えてもらえます。

また、ネットでもたくさん情報が載っているので、確認してみてください。

直接会う前にお金を振り込んで欲しいというシェアハウスのオーナーがいれば、それは詐欺だと思って間違いありません。

直接会って、部屋を見てから契約するようにしましょう。

賃貸は、契約期間の問題や家具を買い揃える必要があるので、1年間以下の留学だと現実的ではないかもしれません。

食費

日本も一緒だとは思いますが、基本的に外食より自炊の方が断然安いです。

日本との大きな違いとしてチップ制度があり、外食は高くなりがちです。

日本の食材を売っているスーパーも多いので、日本食を自炊するのも簡単です。

ホームステイや寮で食事がついている場合には、特別な日だけ外食にした方が食費を節約できます。

ホームステイのご飯は朝と夜だけということころもあるので、事前に確認しておきましょう。

どうしても外食したい場合には、ピザなど、ファストフードやフードコートは比較的安く済むのでオススメです。

ラーメンでも1,000円以上するのも普通で、日本食が食べられる居酒屋などは基本的に高いです。

留学エージェントへの仲介手数料

まず、留学エージェントは留学生からもらう仲介手数料と、紹介した語学学校からもらうバックマージンで成り立っています。

最近では留学生から仲介手数料を取らない留学エージェントが増えてきており、無料でも十分なサービスを受けられます。

仲介手数料を要求してくる留学エージェントを利用する際には、対価に見合うサービスが受けられるのか要チェックです。

個人的には仲介手数料を取っている業者は古いし、他にも手数料や授業料の上乗せをされる可能性があるので、あまりオススメできません。

下の記事では仲介手数料無料の留学エージェントを集めてランキングにした記事なので参考にしてください。

実際に私が使っていた留学エージェントや、私の知り合いが使って評判の良かった留学エージェントだけをまとめています。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

留学は、『人生の中で大きな経験』になるはずです。

この記事で紹介した節約方法を利用して、節約できたお金で現地生活を少し豪華にしたり、貯金して有効活用しましょう。

コメント