シェアリングエコノミーってなに?生活への影響を解説します

シェアリングエコノミーは史上最速で成長しているビジネストレンドの1つであり、「シェア」をベースとした事業を運営しているスタートアップに、2兆5千億円以上の投資資金が投入されています。

個人事業として運営している会社もあるため、シェアリングエコノミーの実際の規模を知ることは不可能です。

しかし、社会に多大な影響を与えていることを示す手がかりがあります。

  • Airbnb(3100万ドル)とUber(720億ドル)の時価総額合計は1,030億ドルで、世界で38番目に豊かな国にランクインできるほどです。
  • 2016年には、アメリカで4480万人の成人がシェアリングエコノミーを使用しており、2021年までにはアメリカ国内だけでも8,650万人のユーザーに成長すると予測されています。
  • 大手コンサル会社のマッキンゼーは、米国とヨーロッパだけでも、1億6200万人(労働人口の20~30パーセント)の人々がシェアリングエコノミーに関係する仕事をしていると見積もっています。

シェアリングエコノミーとは?

シェアリングエコノミーは絶えず進化していおり、何であるかを正確に定義するのは難しいことです。簡単に言えば、2つ以上の当事者間で商品またはサービスの交換をテクノロジーを使って簡単に行うことです。

活用されていないスキルや資産を共有し有効活用できるという考えから生まれました。この価値交換は、オンライン上や個人間取引のできるアプリを通じて行われます。

シェアをするというビジネスモデルは、新しい概念ではありません。多くのなどでは物々交換という同じような概念を盛んに行っていました。しかし、インターネットとモバイル技術のアクセシビリティのおかげで、取引の管理はこれまでになく簡単になりました。

最も一般的にはシェアリングエコノミーと呼ばれていますが、この「シェアリングエコノミー」という語句には下記のような経済システムも含まれています。

  • 共同経済/共同消費
  • 個人間取引市場
  • フリーランス/ギグエコノミー
  • クラウドファンディング/クラウドソーシング
  • コワーキング/コブランディング

シェアリングエコノミーの影響は?

シェアリングエコノミーは、以前から存在しているビジネスを崩壊しています。在庫がない必要ないビジネスのため、シェアリングビジネスは無駄なく勢いよく拡大していきました。

効率性がより向上したことで、これらのビジネスは顧客およびパートナー企業に価値を提供することができるようになりました。

昔からある産業はシェアリングエコノミーの影響を受けています。昔からある企業もどうにかしてシェアリングエコノミーに追いつかなければ生き残ることは難しくなっています。

交通手段

輸送業界におけるウーバーの存在は、昔からある産業におけるシェアリングエコノミーの影響を説明するための最良の例の1つです。

公共交通機関やタクシーなどの昔からある交通手段に代わり、ウーバーや他の乗り物をシェアするサービスは、手頃な価格で安全で便利な代替手段を提供します。

効率的なアプリケーションとドライバーのネットワークを利用することで、Uberは消費者の交通需要を満たしながら、今までの手段よりも間違いなくお客様に満足を提供します。

ニューヨークだけでも、ウーバードライバーにはイエローキャブの4.5倍の運転手がいます。タクシー運転手の仕事がウーバードライバーにとって変わられて失業する人も出てきています。

輸送分野におけるシェアリングエコノミーブランド

  • ウーバー:7200億ドル
  • Didi:5000億ドル
  • Lyft:110億ドル

物のシェアリング

シェアリングエコノミーに慣れている米国成人の86%が人生をより手ごろな価格で生活することができると述べ、83%もシェアリングエコノミーが従来の方法よりも便利で効率的であると答えています。

手頃な価格、利便性、そして効率も、物の購入決定に最も影響を与える3つの要素です。したがって、シェアリングエコノミーのプラットフォームを提供している企業が消費財業界を支配しているのも当然のことです。

eBayは、個人間取引市場の先駆者の一人です。彼らの革新的なプラットフォームでユーザーが欲しいアイテムを売買して、彼らの家に直接荷物を出荷できるようになっています。消費者は、価格帯、保証などさまざまな条件を設定して条件に合う製品を閲覧できます。

これは消費者に力を与え、商品を購入するためのより手頃で便利で効率的な方法を消費者に提供します。

消費財分野でトップシェアの経済ブランド

  • eBay:3680億ドル
  • Etsy:52億ドル
  • Rent the runway:$ 8億

個人による価値提供

シェアリングエコノミーの利点は、個人でも自分の価値をシェアできることです。

特別な知識、スキル、経験、資格などの価値を提供できる人や、コピーライター、会計士、または配管工のようなトレーニングを必要とする仕事をしている人が自分の価値を必要としている企業や個人に提供することができます。

これはフリーランス、ギグなどとも呼ばれるようになってきています。

Fiverr、Upwork、およびTaskRabbitのような大手企業は、人や企業が請負業者を見つけるための迅速で、親しみやすく、安全なプラットフォームを提供することによって価値を生み出します。

フリーランサーは、自分の持っている車や部屋をシェアするのではなく、自分の持っているス​​キルや専門知識をシェアすることでお金を稼ぐことができます。

個人の価値提供できるプラットフォームを提供しているブランドのトップシェア

  • Fiverr:3億5千万ドル
  • upwork:$ 168.8 Million +
  • TaskRabbit:5000万ドル以上

日本では、タイムチケット やクラウドワークスが有名です。

ヘルスケア

ヘルスケア業界は2020年までに年間8.7兆ドルの収益を生み出すと予想されています。デジタルヘルスのベンチャー企業への投資額が、2018年第1四半期に2017年第1四半期と比較して10.2%も増加しています。

多くの専門家がシェアリングエコノミーが次に大きな影響を与えるのはヘルスケア業界であると疑っています。

従来の医療システムの制限、経費、およびリソースは、シェアリングエコノミーの影響によって緩和されてきています。遠隔医療やオンライン相談まで、シェアリングエコノミーはヘルスケア業界を変えることになっています。

たとえば、医療機器は58%の時間は未使用の状態ですが、保管費とメンテナンスの費用がは発生し続けます。

シェアリングエコノミーのスタートアップ企業は、病院が他の医療施設と医療機器を共有することを可能にする技術を開発することによって、病院がお金を節約し、機器の価値を高めるのを助けています。

ヘルスケア分野でトップシェアの経済ブランド

  • American well:4億4,150万ドル
  • Doctor on demand:1億6,000万ドル
  • cohealo:900万ドル以上

シェアリングエコノミーの今後は?

テクノロジーはシェアリングエコノミーが今日の状況に発展するのを助けてきました。

そして、私たちがデジタル的につながっていく中で、シェアするというトレンドは続くはずです。運輸、消費財、ヘルスケアなどの業界でシェアが支配的になる可能性があることを私たちは見てきました。

今後も、昔からある産業がシェアリングエコノミーの影響によって大きな変化をしていくことでしょう。

コメント