【なぜ?】チップを渡す理由とは!?相場や場面別の渡し方を解説。

旅行

 

海外のレストランで食事をしたらほとんどの場合はチップを払わないといけません。日本にはない文化なので初めての時は相場や渡し方が分からず戸惑ってしまいますよね。

 

日本人からしたら少し分かりにくい制度ですが、チップ制度が浸透している国では払うのが常識となっています。

 

これから、初めて海外旅行に行く方やチップ制度について理解を深めたいと思っている人に読んで頂ければと思います。

 

私は、カナダのレストランで働いていたこともあり、チップをもらう立場を経験しています。現地人の意見も含めながら、なぜチップを払うのかという疑問からチップの相場や渡し方について分かりやすく解説します。

 

チップ制度の基礎

チップ制度はなぜ必要なのか

 

海外旅行に行って食事をした時、荷物を持ってくれた時、タクシーに乗った時などに正規の料金とは別に「チップ」を払う必要がありますよね。

 

チップは賃金の格差から生まれた制度なのです。

 

例えばアメリカではウェイターの最低賃金は他の業種の最低賃金の3分の1以下です。

 

チップがなければ普通の生活をしていくのも大変なくらいの給料です。そこで、料理の代金とは別にチップを働いている方に渡す事で賃金の格差を埋めて生活を支えてあげるというのがチップ制度です。

 

日本人には簡単に理解できない習慣ですが、アメリカをはじめとする諸外国では当然の事という感覚です。

 

払うのは常識。払わないのは非常識?

 

「チップを払うのは常識。払わないのは非常識」になります。しかし、あまり払いたくなければ、最低限のチップさえ払えば何の問題もありません。

 

私はカナダのレストランで働いてチップをもらう立場を経験した事があります。最初は自分もビックリしたのですが、店側の不手際で迷惑をかけてしまったお客様でもチップは払っていきます。

 

現地の人とチップについて話した時に、チップは消費税と同じように当たり前の感覚で払っていて、居心地が良かったら多めに払うということでした。

 

もし、チップを払いたくない理由があればマネージャー(店長)に事情を伝えましょう。

 

場合によると思いますが、最低限のチップは置いていく方のがマナーです。チップは貰えるという前提で働いているので何も言わずに払わなかったら、あなたは悪くないのに、チップを全然払わない非常識な人と思われるかも知れません。

 

チップ制度がなくなる?

 

チップ制度は賃金の格差が原因と書きましたが、ここで疑問を持った人もいるかも知れません。

 

全員の最低賃金一緒にしたらめんどくさいチップ制度なくせるんじゃない?

その通りです。

 

今、ニューヨークを中心にチップ制度を無くす動きがアメリカ全土で広がっています。

 

この流れはニューヨークにある日本食屋から始まり、アメリカの大手ファーストフードチェーン店も影響を受けチップを廃止したそうです。

 

しかし、世間に広まっている訳ではないので、旅行中は今まで通りチップを払う意識をしておいたほうがいいと思います。

相場や場面別の渡し方

場面別チップの相場

 

7年間の海外生活と現地でのアルバイト経験、友達、知人などの情報を加味した上で、私の独断と偏見です。

 

・一般的なレストラン 最低10% 最高15%


基本、12%以上でいいと思います。居心地が悪ければ10%、居心地が良ければ15%払うと良いでしょう。店員さんが特別に気を使ってくれたり、とても居心地がいいと感じて20%払うと店員さんも喜ぶと思います。

 

・高級レストラン 最低15% 最高20%


基本、最低の15%でいいと思います。高級店の割にサービスが想定以下だったら10%~15%でいいと思います。居心地が良ければ15~20%の範囲で調整して払いましょう。

 

・ビュッフェ 10%


自分で動いて取りに行くので、サービスが行き届いていると感じた場合にだけ払えばいいと思います。額は自由ですが、10%前後が基準になります。

 

・ファーストフード 0%


基本的に必要はないですが、店員さんが面白かったり気の利いた方だったら1~2ドルあげてもいいと思います。

 

・タクシー 最低10% 最高15% +荷物一個につき1$


基本的に10%でいいと思います。空港に行く時など、トランクに荷物を入れてもらったら荷物一つにつき1$追加で払いましょう。

 

また、タクシー代17$で20$出したらほとんどの場合、お釣りは返してもらえません。「ありがとう、またねー」って感じに降ろされます。

 

お釣りが必要な場合はしっかり伝えましょう。何も言われなかったらチップをくれたと思う運転手もいます。

 

・バー


ドリンク1つにつき1ドルくらいで十分だと思います。

 

・ホテル


ベッドだけの部屋ならベッド一つにつき最低1ドルで、ワンベッドルームなら2ドルとベットの数×1ドルが最低だと思います。最終日も必要なので、忘れないで下さい!!

 

・ベルボーイ(ホテルで荷物を運んでくれる人)


荷物一つにつき1$でいいと思います。5つとかを一人で持って頑張ってくれれば1ドル多めに払うと喜んでくれると思います。(高級ホテルなどでは気持ち多めに払った方が良いかも知れません)

 

以上です。独断と偏見の価格ですが、だいたいこれくらいで問題はないと思います。無駄に払いすぎる必要はないですが、失礼なほど少なく払うのは避けた方が良いでしょう。

 

チップの相場が分からなかったら、店員さんに聞いてみましょう。聞くことは全然マナー違反ではありません。

 

場面別チップの払い方

 

・レストラン


現金の場合・・・
チップを含めた額で支払いましょう。この際に、小銭を使わずに支払うとスマートです。

 

例:22ドルのお会計で10%のチップ(2.2ドル)を入れた場合24.2ドルですが25ドルで置いていく感じです。

 

※レシートに「SVC」「GRATUITY」「Service Fee」などの記載の後に値段が書かれている場合はすでに請求料金にチップが含まれています。含まれているか分からない場合は聞いてみましょう! 

 

クレジットカードの場合・・・
レシートに希望の額を書く場合と、機械の場合があります。

 

レシートに書く場合は自分で計算してチップの額を手書きで記入します。

 

機械の場合は自分でチップの金額を入力できる場合と、12%,15%,18%から選んで下さいとなっている場合がありますが、「other amount」というのを押すと自分で任意の金額を書くことができます。

 

チップの金額を決める(常識の範囲内で)のは私達なので使い方が分からなかったら無駄に払う必要はないのでガンガン聞いていきましょう!

 

・バー/カウンターで注文するタイプのカフェ


飲み物の注文に一回ごとにその場で払っていきましょう。TIPと書かれたビンなどがレジの近くに置かれている事が多いです。

 

・ドアマン


部屋にきて荷物を受け取った時に直接、渡しましょう。空港から着いた時に両替しておいて、いくつか1$札を持っていると便利です。

 

参考記事:【節約】お得なレートで外貨両替する方法!ランキング形式で比較します!

 

全てに関して共通のことですが、現金払いの際のチップは基本的にお札で支払います。小銭しかない場合はお札がない事を説明した方が受け取る側も少し嬉しい気分になります。

 

チップを払わなくていい場合もある!?

チップを支払わなくていい場合は上記で説明した、レシートに「SVC」「GRATUITY」「Service Fee」と金額が記載されている場合です。

 

また、上記以外にも高校生同士でレストランなどに行った時はチップを払う必要はありません

 

カナダ人の先生とホームステイ先の両親も高校生は支払う必要はないと言っていたので一般的には払わなくて良いという認識だそうです。しかし、レストランによっては払わなかったら20回に1回くらい嫌な顔されるので余程の事がない限り払っていました笑

 

✔︎まとめ

 

・チップは賃金格差を埋める為の制度

・ウェイターはチップは払ってもらうのを前提でサービスをしている

・最低限は必ず払い、居心地次第で少し増やして払う

・チップでわからない事があれば聞けば教えてくれる

・元からチップが含まれている場合がある

 

国内・海外のホテル、航空券をお得に購入

オプショナルツアーの予約専門サイト

コメント