20代なら何度転職しても大丈夫です!3つのポイントを紹介

20代の転職転職・就職

20代の人は「ひとつの会社に居続けるべきだ」というアドバイスが時代遅れと言われても、おそらく驚かないでしょう。

現代の女性は26歳までに平均6つの職(アルバイトを含む)を経験しています。

「若者が同じ職場で5年以上、働くのは非常にまれです」と、アメリカで20代の社会人向けに本を書いていて有名な”Dan Schawbel”は言っています。(著書:Promote Yourself: The new rules for building an outstanding career (English Edition)

5年以上同じところで働かずに転職を成功させていくことで、より早く昇進することができます。

「ITの発達によりさまざまな業種で、特別なスキルと環境に適応できる能力が必要になる」と、コンサルティング会社”Why Millennials Matter”の創設者であるJoan Kuhl氏は言っています。

それでは、転職して昇進するために必要なことを3つ紹介します。

目的を持って転職する。

「意志のもとで転職をするべきだ」と、FindSpark.com(アメリカで有名なオンラインサロン)の創設者兼CEOのEmily Miethnerは言っています。

つまり、転職をするときには楽しそうだからとか、給料が良くなるからという理由ではなく、 自分の人生の目的を実現するためだったり新しいスキルを習得するという理由があった方が良い。

転職活動をするときにも、あなたが楽しみや高い給料だけでこの会社を選んでいないと分かると採用担当者からの印象が良くなります。

人脈を築きましょう

転職だけでなく人生において、人間関係はとても大切です。

ですから、価値のある人脈を築いて、良い関係を維持するために一生懸命に努力してください。

仕事を変えることで多くの人と出会うことができますが、ちょっとでもおろそかにすると、せっかく築いた関係は簡単に無くなります。

ラインやSNS、メールなどを通じて連絡を取り合ってください。

世間話もいいですが、お互いの仲を深めるような親密な話をして、本当に必要なときにお互いを助け合える人間関係を作りましょう。

専門知識を身に着ける

新しいことにチャレンジしてみたいけど、自分なんかにできるのか心配ですか?

職場以外でもスキルを身につける方法はたくさんあるので、自ら動いて新しい知識を習得しましょう。 動かずに待っているだけでは、何も変わりません。

ボランティアに参加したり、副業を始めてみるなどまずは行動に移しましょう。 その経験を転職するときの面接などで話せると、面接官に良い印象を与えられます。

キャリアアップなど前向きな転職を繰り返して、自分の市場価値を上げていきましょう!

✅20代に強い転職エージェント3選

第二新卒エージェントneo|中卒から大卒エリートまで ※20代なら誰でも登録OK!求人数が豊富なので、まずはここに登録しましょう!

GEEK JOB|完全未経験からプログラマーに  ※転職成功率は95.1%なので、IT業界に就職・転職を考えている人は登録してみよう。完全無料で誰でもプログラマーになれる時代。

マイナビジョブ20’s|豊富な非公開案件  ※大手なので案件も多く、レアな非公開案件を紹介されることも。登録必須しておいて損しないはず。

コメント