ワーキングホリデーにかかる費用とは?経験者が国別に費用を比較!

ワーキングホリデーにかかる費用とは?経験者が国別に費用を比較!
らいふ

ワーキングホリデーってどのくらい費用が必要?国によって費用は大きく変わるの?

はっく

ワーホリに安く行ける方法があるみたいやで

当記事では、ワーキングホリデーにどのくらいの費用が掛かるのかを国別に紹介していきます。

出来るだけワーホリの費用を抑えたい方向けに、「貯金ゼロでもワーホリに行ける方法」をご紹介します!

私は、カナダでワーホリをしていた経験と、現地の留学エージェントでボランティアをしていたことがあります。

そんな自分の経験と世界中でワーホリをしている知合いの情報を元に記事を書いていきます。

目次

ワーホリにはどんな費用がかかる?

ワーホリの費用

ワーホリに行く際にかかる費用の内訳というのは、どの国に行っても基本的に変わりません。

金額は国によって変わるので後述の国別の費用を見て下さい。

まずは、ワーホリで基本的にかかる費用の内訳です。

  • ワーホリビザの申請料
  • 往復航空券
  • 海外留学保険
  • 語学学校
  • 生活費(家賃・生活費)

上記の5つがワーホリに行く際に最低限必要になる費用の内訳です。

この他にも、現地で旅行や趣味などに使う費用が必要になってきます。

余裕を持って生活できた方がワーホリを楽しめると思うので、働く予定の人でも少し多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

出来るだけワーホリ費用を節約する方法

出来るだけワーホリ費用を抑える方法

基本的に上記の5つは必要となりますが、生活費と語学学校にかかるお金が費用のほとんどを占めています。

ここを減らせる事ができれば、大幅な費用の節約が可能ですね。

現地での生活費を安く抑える方法

まず生活費ですが、シェアハウスなど比較的家賃の安いところに住むのがオススメです。

色々な人と交流もできワーホリの人が多いシェアハウスなら、色々な情報交換ができるメリットがあります。

カナダのバンクーバーの場合ですが、一人で綺麗なアパートを借りる場合は1ヶ月で17万~22万円以上します。

しかしシェハウスなら7~8万くらいで住めるので、節約しながら友達もできるのでオススメです。

食費についてですが、毎日外食だと食費だけでも相当な金額になります。

自炊する事で節約できますが、一番オススメなのは賄い付きの飲食店で働く事です。

はっく

賄いは食費が節約できるので、1ヶ月で見ると相当節約できる

らいふ

働いて給料も入るので一石二鳥ですね!

語学学校の費用を抑える方法

次に、費用の大半を占める語学学校ですが、ここを節約できる方法は一つだけです。

通う期間を短くする事だけです。

出発前の語学力にもよると思いますが、2ヶ月必死に通って基礎を学べば十分です。

実際の生活で英語を使った方が、語学力は100倍成長します。

留学エージェントは学校から紹介手数料が貰えるため、出来るだけ長く学校に通わせようとします。

4~6ヶ月を2ヶ月に減らすだけで、ワーホリにかかる費用を大幅に抑えられるのでオススメです。

語学学校でもたくさんの友達ができ、ワーホリの大きなイベントの一つですが、英語に自信がある人は学校に通わずすぐに働けばもっと節約ができます。

ワーホリに必要な費用を国別に比較

ワーホリの国別費用

ワーホリに必要な費用は国により大きく異なる事があります。

ここでは、ワーホリ人気ランキング上位4カ国の「オーストラリア」「カナダ」「ニュージーランド」「イギリス」でかかる費用を紹介していきます。

語学学校についてはワーホリをしている方に多い、4ヶ月間通う形で想定しています。

また、生活費は家賃と食費など最低限で計算しています。

スクロールできます
国名ビザ申請料往復航空券留学保険語学学校生活費(家賃含む)
オーストラリア4万円12~15万円20万円65万円140~150万円
カナダ2万円15~18万円20万円65万円130~140万円
ニュージーランド無料10~13万円20万円65万円120~130万円
イギリス無料14~16万円20万円80万円250~260万円
国別ワーホリ費用概算

全ての金額は個々の事情によって多少の誤差はあると思うので、あくまで平均値と思っておいて下さい。

正確な金額は留学エージェントの無料カウンセリングで相談してみましょう。

貯金ゼロでワーホリに行く方法

貯金ゼロでワーホリに行く方法

留学やワーキングホリデーをサポートしている、手数料無料の【Global Dive】が提供する「ZEROから留学」というプランを利用すれば現在の貯金がなくてもワーホリに行く事ができます。

このプランは、日本国内の英語を使う環境で働いて、ワーホリに向けてお金を貯めていきます。

紹介先は宿泊費、食費、光熱費、が全て無料なので貯金がしやすい環境です。

働きながら英語を学べる環境なので、現地の語学学校へ通う期間を減らして初期費用を抑える事も可能です。

実際にカナダのワーホリ仲間で、2人がこのプランを利用して来ていました。

北海道から沖縄まで全国の主要都市に支店があり、国内での働き先からワーホリの手配も無料でやってくれます。

興味のある方は、公式サイトで詳細を確認することができます。

※現在はサービス休止中です

ワーホリのまとめ

ワーホリのまとめ

海外のワーキングホリデーに行くには、ビザの申請料・往復航空券・海外留学保険・語学学校・生活費などの費用がかかります。

その中で、生活費と語学学校が必要な費用のほとんどを占めるのが実情です。

語学学校に通う期間はやる気があれば2ヶ月で十分で、国内で英語を勉強しながら貯金してワーホリに行く方法もあります。

まずは信頼できる留学エージェントに無料相談してみてから、情報を集めていくのが良いのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次